もうひとつの宝永電機「あしたか会」

「あしたか会」とは宝永電機の親睦団体です。営業活動とは違った、もうひとつの宝永電機であり、これを抜きに当社を語ることはできません。「あしたか会」の役員は全社員から投票で選ばれ、会長を筆頭に全社員で構成されています。基本理念である人間尊重の精神に基づき、親睦・互助・福利・厚生を通して、楽しく快適な職場作りのために昭和31年から活動しています。

あしたか会組織図
主な事業活動
リクレーション旅行の補助クラブ団体の援助育成保養慰安設備の確保
機関紙「あしたか」と「我らの仲間」の発刊 など

クラブ活動
宝永電機は20代の若手社員も多く活躍しているフレッシュなエネルギーの溢れる企業です。体育会系クラブでは、外部のトーナメント試合に出場するなど活発に活動しています。またゴルフ・釣りなど年齢・性別を問わず皆で趣味に興じ、仕事とは違った宝永電機を楽しんでいます。

[各クラブ・団体]全17クラブ
宝永ゴルフ部 野球部 やまびこ部 カート部
サッカー部 サーフィン部 釣り部 トータルワークアウト

名古屋ボーリング部、兵庫ゴルフ部、四宝会ゴルフ部、ちょいスポ四国倶楽部
九州ゴルフ部、九州釣り部、九州写真部

記念旅行・親睦会など
毎年各団体が行う慰安旅行の費用援助や全社での記念行事の支援もあしたか会の事業の一つです。
創立55周年には、パートやアルバイトの方も含めた全社員での1泊2日記念旅行を行いました。国内外から宝永社員が集まり、総勢350人以上で楽しむクルージングや宴会は大盛上がり。その行事を企画から運営まで中心となって支えたのもあしたか会のメンバーです。

機関誌「あしたか」と「我らの仲間」
年2回発刊される機関紙「あしたか」は、全国の宝永社員には欠かせないコミュニケーションツールの1つです。クラブ活動報告や個人のコラムなど、全て社員が執筆した記事をあしたか会で編集し発行しています。また、「我らの仲間」は国内外全国の社員の写真とユーモアのあるプロフィールが掲載されています。国内外の従業員数は500人を超えるため、なかなか顔を見ることが出来ない宝永ファミリーを知る手引書になっています。

あしたか会での活動で、全国の社員が親睦を深め、楽しく過ごした時間が日々の仕事の活力になっています。また活動を通して築き上げた信頼関係が、潤滑な協力体制・グローバルなネットワークとして業務にも表れています。

このページの先頭へ戻るトップページへ戻る